連想ゲームからカゴメの歌の謎解き🌟

連想ゲームのような謎解きで カゴメの歌までたどり着いた🌟というお話 流れは★寒川神社: 八方避け、鬼門、北東向き、艮(うしとら)  ↓ ★前鳥神社(さきとり): 祭神、菟道稚郎子(うじのわきいらつこ/うぢのわきいらつこ)兎と鳥は干支(方位)で表と裏の関係さきとりの名前は「うさき」と「とり」からきている可能性  ↓ ★「カゴメの歌」: カゴの中の鳥はいついつ出やる 後ろの正面だあれつまり「鳥」の反対の「兎」を示している。 兎の正体とは? 〜答えは下に続く🌙ー 今年の3.11は福島での演奏が中止になったので平塚の海で2:46を迎え、フルートで祈りました。 その前にまず寒川神社へ。上に記したように寒川神社は八方避けで知られる神社です。社殿は北東向き、つまり鬼門に向いています。艮(うしとら)と言って丑(うし)と寅(とら)の間を指します。境内にはそれらを表す物が置かれていて、鬼門と裏鬼門(反対側)の関係、そこを抑える事で厄除けになっているわけですね。 その後、前鳥神社へ。以前、毎年のように初日の出を茅ヶ崎に拝みに行き、帰りに初詣でここへきていました。祭神の名前を注視すると上記のように頭に兎(古来は菟狭と書いた)の字が。 ここで先ほどの反対側のイメージが降ってきて、あれ?兎の反対は鳥だよな。ん?もしかして前鳥神社の「さきとり」は「うさき」と「鳥」なんじゃないか?のイメージが。 すると次にはカゴメの歌がやって来て、そうか!いついつ出やるの「鳥」の「後ろの正面」はつまり「兎」なんだ…

続きを読む

2024年 新年おめでとうございます✰

今年も初日の出とともに祈願の初吹き♪ 2024・初日の出の祈り 「旋回」(short ver') 曲は昨年秋に作った「旋回」の一部を。 今年は氷点下にならずに暖かい時でした♬(寒いけど!多分2度くらい) 大空を旋回する鳥たちのイメージで 皆さんも飛躍の時となりますように🌟 WSやコンサート情報なども含めて今年はもっとブログや動画の更新をしてゆきたいです。その他、作曲活動での目標なども後々報告してゆけたらと思います。本年もよろしくお願いいたします♪ *取り付けパーツのバードは自ずと「龍」です🐉ガイネ

続きを読む

メール注文でのご注意点

メールで多くのご注文を頂いており、ありがとうございます。ご注文やお問い合わせに際し、返信できないアドレスがたまにあります。本日も返信できず、ちょっと困っております。返信できない理由は表示によるとStatus: 5.1.1調べると、アドレスが無効、と出ます。今回の方はoutlookで始まるアドレスになっていて、たしかに通常のアドレスではない感じです。できれば電話番号なども添えていただけますとお返事できます。どうぞよろしくお願いいたします。ガイネ

続きを読む

新年を迎えました♪

2022年、始まりましたね!新年おめでとうございます♬新しい年の幕開けはいつでも新鮮ですね。時代の流れが急速に変わってきた近年ですが、ある意味とても期待値の高い年となりそうです。本年もよろしくお願いいたします。*写真は桑の木をカットしたら富士山のような形が出てきたので、弦を張って、彫り物も加えたオブジェにしたものさて、昨年はもっぱら楽器つくりとWS、そして曲作りがメインの年でした。でも秋からはコンサートもいくつか行えるようになり、今後に繋がる時でした。今年はまず新しいアルバムつくりのために曲作りと録音に専念します♪なので1月はWSもほぼお休みです。アルバムの完成は3月ころを目指していますので楽しみにしていてください!コンサートは2月から少し入ってきます♬間もなく正式に決まるのでまたお知らせしますね。WS開催に関して問い合わせも良く来ます。HPやこのブログにも開催日を載せていないので、やっていますか?と。ご時世もあり、積極的に呼びかけはしてきませんでしたので、知人関係や問い合わせが来た方たちには行ってきました。今後もしばらくはそのような形で行ってゆくと思うので希望者はどうぞ問い合わせをしてください♬✰メールはこちらまで。  gaine@mtf.biglobe.ne.jpまた、Facebookで友達申請をくださる方はメッセージを添えて下さい。メッセージのない方はほとんどスルーさせていただいていますので。✰FBページはこちらから。  https://www.facebook.com/gaine.sa…

続きを読む

KAI NEWSLETTERに

KAI NEWSLETTER に紹介頂きました⭐︎ 丁寧に活動を文章にしていただき、嬉しい限りです。 Macユーザー関係者や企業などに数万部発刊されているそうで、既に知り合いから「観たよ!」「永久保存版にします!」「開いたらガイネさんが!」などなど連絡頂いてます♫ ありがたし 関係者の皆様、ありがとうございました♪

続きを読む

日本神話の読み方を変えてみる 考、その1

✰✰日本神話の読み方を変えてみる・考 その1 日本の昔話、特に神話を単に神話として読むのと、実際にあったこととして読んでみるのでは、だいぶ様相が違ってきます。 ポイントを、「神話を人の物語として読んでみる」 に変えてみると え~そうなの~~?? という風に今まで見えてこなかった世界が見えてきます✰ ツッコミどころも多々あるとは思いますが 諸説ある中のガイネの一考としてお読みください♬ ◆「ヤマタノオロチ」編  高天原から出雲地方に追放されたスサノオが、高志に住むヤマタノオロチを退治して、草薙剣を手に入れ、クシナダヒメをお嫁さんに貰う、  という、簡単に説明するとこんな物語です。 ガイネ流解釈は、 九州地方に新たに大陸からやってきたスサノオ一団はなかなか強力な一族で、アマテラスオオミカミも雲隠れするほど一族も手を焼いていた。 「こっちは人もいっぱいで住むとこないし、同胞も多く住む出雲地方に行くと良いよ」とされたスサノオ一団は出雲へと行く。 そこで、高志(こし=越)の国など広範囲に以前より住み、高い製鉄技術などを持ち合わせていた多くの人口を有する民たちと戦い、 彼らの高い製鉄技術と共にいまだかつてないほどの強さを象徴する草薙の剣を手に入れ、その地を支配した。 また、その地の豪族の娘で同じルーツを持つクシナダヒメとも結婚しめでたしめでたし♪ ということになります。 さて、ここから先は更なる推測&お楽しみ♪ 日本の神話は天皇家の由緒…

続きを読む