コンサートのお知らせ

もう明日なんですが、コンサートのお知らせです♪ ポラリス新春コンサート〜天と地をつなぐ3人による音祝ぎの時〜 「音祝ぎ(おとほぎ)」とは「ことほぎ(言祝ぎ、あるいは寿ぎ)」という言葉を元に生まれました。 「言祝ぎ」言葉によって祝う、またはその言葉、祝詞、などの意味です。 音楽は古来より天への祈りでした。 人の意識が良い状態になるとそれは世界へ影響を与えてゆくと言われます。 それは音の力を人が強く信じていたからに他なりません。 「音祝ぎ」を日常とする3人による時に 皆さんの心の波動を加えて生まれる場を  楽しみにしています。 〜GAINE 🔹日時: 1/28(土)13:30〜16:00(開場13:10) 🔹場所: 石神井ふるさと文化館  練馬区石神井町5-12-16  アクセス → https://www.neribun.or.jp/access/furusato.html 🔹体感料: 3000円 ☆出演者☆ ガイネ (インディアンフルート他自作楽器演奏) 井川輝江 (シンギング・リン) 鯨鳴(Isanari) (クリスタルボウル&Voice) ☆お申込みガイネ: gaine@mtf.biglobe.ne.jp

続きを読む

アースバイブレーションライアーについて

このページはガイネのライアー作りWSとライアーの紹介ページです。 WSでは基本的にご自分の考えた形を推奨していますが、形、弦の数、音列、サイズなどはご相談ください。自然界の生き物たちから授かった、ガイネのオリジナル音階を使用したアースバイブレーショントーンも是非どうぞです。 ~基本サイズからの紹介になります~ ☆サイズ:(横×縦×厚み)約250㎜×380㎜×35㎜〜好みにより大きさ、弦の数など選べます。 ◆材質: ・本体:桜、栗、トチなど (その時の在庫状況によります)・ブリッジ(下側の細長いパーツ):ウエンジュ、ローズウッド、パドック、ケヤキなど ◆弦:スティール弦 ①形を決める 形は自由ですが、弦の張り方、音の響き、制作の難易度などに留意して決めてゆきます。基本的に上の写真左のように大きめの穴の開いたものと右のトレイ型のものに分かれます。●穴開き方(穴の大きなもの)は、大型の演奏用ライアーの形などが元となっており、 穴のこちら側(右手)と向こう側(左手)の双方から弦を弾くことができます。 曲を弾きたい方は都合の良いスタイルになります。全音階希望の方は別途紹介しています。 ●トレイ型は、ペンタトニック(5音階)やヒーリング系サウンドを志向する方にお勧めです。 穴がない分、反響が大きく豊かなサウンドが得られます。 音の配列も自由です。ペンタトニック(5音階)などを使用する場合が多いです。 ②弦の張る位置と長さなど 弦は右側が太く長く(音が低い)、左に行くと細く短く(音が高く)なり…

続きを読む