インディアンフルート作り@琴平(香川)

インディアンフルート作って、日本のウユニ塩湖へGO!! マイインディアンフルートを自分の手で作るWSを香川県の金毘羅さんすぐ近くのオーガ二ックカフェ「麻心(まごころ)」さんで行います♪ 2日間で完成させるワークです✰ そしてカバー写真の様なものが撮れる可能性のある満月の夕刻に日本のウユニ塩湖と言われる父母ヶ浜に行きます! 勿論こんぴらさんにも参じます✰ というスペシャル企画です! 🔹「麻心」さんは鎌倉に本店のある、麻を生かした食事、た商品の販売などを手掛ける素敵なお店です。 🔹宿泊はオーナーのシンジさんが営む一棟貸しの家に3000円で宿泊も可能です。 🔹私の新しいCDのジャケット写真はガンジス川で撮影したものですが、実はこんぴらさんの名前の由来はクンビーラといガンジス川に棲むとされるワニのような生き物と言われています。 昨年秋に偶然のように訪れ、この流れになりました。 大麻山と像頭山の麓、日本の歴史を強く感じることのできる琴平(金比羅)で有意義な時を過ごしましょう~!! ★インディアンフルート制作ワークショップ ◆日時、2023年3月6日(月)~7日(火) 6日、10:30~17時頃 7日、10:00~17時頃(朝、金毘羅さん参拝可能) この後、参加自由な父母ヶ浜ツアーに出ます。 ◆場所、「麻心 琴平店」 現地集合    香川県仲多度郡琴平町河西621−9 ☎︎0877-35-9955  インスタ https://www.instagram.com/mago…

続きを読む

コンサートのお知らせ

もう明日なんですが、コンサートのお知らせです♪ ポラリス新春コンサート〜天と地をつなぐ3人による音祝ぎの時〜 「音祝ぎ(おとほぎ)」とは「ことほぎ(言祝ぎ、あるいは寿ぎ)」という言葉を元に生まれました。 「言祝ぎ」言葉によって祝う、またはその言葉、祝詞、などの意味です。 音楽は古来より天への祈りでした。 人の意識が良い状態になるとそれは世界へ影響を与えてゆくと言われます。 それは音の力を人が強く信じていたからに他なりません。 「音祝ぎ」を日常とする3人による時に 皆さんの心の波動を加えて生まれる場を  楽しみにしています。 〜GAINE 🔹日時: 1/28(土)13:30〜16:00(開場13:10) 🔹場所: 石神井ふるさと文化館  練馬区石神井町5-12-16  アクセス → https://www.neribun.or.jp/access/furusato.html 🔹体感料: 3000円 ☆出演者☆ ガイネ (インディアンフルート他自作楽器演奏) 井川輝江 (シンギング・リン) 鯨鳴(Isanari) (クリスタルボウル&Voice) ☆お申込みガイネ: gaine@mtf.biglobe.ne.jp

続きを読む

アースバイブレーションライアーについて

このページはガイネのアースバイブレーションライアー作りWSとライアーの紹介ページです。 ◆アースバイブレーションライアーとは?基本サイズからの紹介になります。 ☆サイズ:(横×縦×厚み)約250㎜×380㎜×35㎜〜好みにより大きさ、弦の数など選べます。 ◆材質: ・本体:桜、栗、トチなど (その時の在庫状況によります)・ブリッジ(下側の細長いパーツ):ウエンジュ、ローズウッド、パドックなど ◆弦:スティール弦 ①形を決める 形は自由ですが、弦の張り方、音の響き、制作の難易度などに留意して決めてゆきます。基本的に上の写真左のように大きめの穴の開いたものと右のトレイ型のものに分かれます。 ●穴開き方(穴の大きなもの)は、大型の演奏用ライアーの形などが元となっており、穴のこちら側(右手)と向こう側(左手)の双方から弦を弾くことができます。全音階希望の形はこちらとなります。この場合、左手で弾くのは基本的にはピアノの黒鍵部分と同じ、♯や♭音です。もちろん、その他の音階でも穴あきパターンはあります。 ●トレイ型は、ペンタトニック(5音階)やヒーリング系サウンドを志向する方にお勧めです。 ②弦の張る位置と長さなど 弦は右側が太く長く(音が低い)、左に行くと細く短く(音が高く)なります。左利きの方は逆も可。 ③音の響きと形の関係  楽器は振動が伝わりやすく作ってあげるとよく響きます。本体の枠部分以外をできるだけ薄くすることで響きが増します。また、穴の大きなものよりもトレイ型の方が響…

続きを読む

アースバイブレーショントーンについて

ネイティブアメリカンフルートでアースバイブレーショントーンの笛があります。 これは動物や虫たちの声の音の高さをガイネが測って、そこから生まれたものです。 音の配列などは他のフルートと違いはなく、単純にキーの違いになります。 鳥や虫たちなど生き物たちは単に好き勝手に鳴いているのでしょうか? 私は特に秋の虫たちの声が大好きなのですがある時、なぜこんなに虫の声は心地良く聴こえるのだろう?と不思議に思いました。日本人は特にそういった音を聴き分ける能力が高いと言われていますが、それだけではないでしょう。 以前、アメリカはアリゾナで「静寂の中に聴こえてくる音があるとしたらどんなものだろう?」という兼ねてからの問いに応えるべく、何日か連続で周りに何もない砂漠地帯は出向き、静寂に包まれていたことがあります。 その時、静寂の中に聴こえてきたのは虫たちの声のようなサウンドでした。場所を変えても日を変えてもそれは同じでした。 日本に帰り、ネットで調べ物をしていたら、ある学者さんの記事にこうあるのを発見しました。 「人間には聴こえない領域の音というものがあるが、その高い領域の音世界を最もよく表しているのが虫たちだ」 これを読んで、私が静寂の中に聴いたサウンドはまんざらまちがいではないのかもしれない。と思いました。 そして、虫や鳥たち鳴き声の高さをいろいろ測ってゆくうちに、そこにはある共通性がある事に気がつきました。 それは。多くの生き物たちはある和音構成の中でその鳴き声を発している、というものでした…

続きを読む

NewCD!3枚発売★ 

先月コラボアルバム『Eternal Flow』が完成したばかりですが、今月は更に2枚のCDが発売となります!ということで3枚のCDを紹介します! 個別の更なる詳細はまた後日に✰ 🔹ソロアルバム『音祝ぎ(otohogi)』 Save Our Soul & Heal The Earth Vol'2 『音祝ぎ』という言葉は「寿ぎ」「言祝ぎ」から連想して生まれました。ジャケットの写真は4年前にインドのガンジス川で撮ったものです。龍の様なデザイン(裏面)は、以前フルートに施したもの。そう言えば先日、小旅で四国に行き、その際に金比羅さんにも参じたのですが、金比羅のルーツはインドのクンビーラといわれています。クンビーラはガンジス川に棲むワニの様な生き物とされていますので、このタイミングで測らずも金比羅さんに参じたのもご縁かなと感じます。今回のソロアルバムはインディアンドラムをはじめ、静と動、陰と陽、天と大地を強くイメージした作品となりました。 全10曲入り。定価2,500円 🔹そして支援CD!荒廃してゆく山林や木々を人の手で元の状態に少しでも戻す、大地を作る水の流れ、風の流れを整えてゆく活動を藤野で行うグループへの支援目的で作られたCDです!経費を除いた全ての売り上げが支援金となります! 絵は藤野在住の石毛祥子さん☆全7曲入り,定価1,000円   🔹 『Eternal Flow』・高橋あきら:ピアノ・Seco Sunchez:ラブドラムなど・ガイネ:フルート、サーランギの3人…

続きを読む

With Forest!! 支援CD「ハチドリの羽ばたき」の活動

藤野で映画「杜人」の上映会を知人らと企画したことに端を発し、支援CDを作成しました!藤野や上野原で森の再生活動を行うグループさんなどの活動促進をサポートするためのものです。制作費を除いたすべての利益を支援金とします♪ 今後、活動の内容などを随時アップしてゆきます✰ 🔵What is 映画「杜人」? 全国で頻発する豪雨災害は本当に「天災」なのか?正常に呼吸することができなくなっている大地の問題解決を図るべく風のように草を刈り、イノシシのように大地を掘る環境再生医、ある人は「ナウシカのよう」と言う造園家・矢野智徳による大地の再生活動を記録した奇跡のドキュメンタリー映画枯渇している大地の呼吸活動の原因は失われた人と自然の結びつきにあった…! 更なる詳細はHPを!https://lingkaranfilms.com/ 🔹藤野芸術の家での映画上映 2022年11月26日(土)https://www.facebook.com/events/3234694263439041/?active_tab=discussion ★活動団体の紹介 🔵「気候変動の藤野学」(NPO法人ふじの里山クラブ)のサイトで2021年の以下の団体の活動内容紹介を観ることができます。   https://fujinogaku.net/・チーム森守 CoTo Li の森プロジェクト(上野原市秋山) 🔵チーム森守(morimo) https://www.facebook.com/groups/363374138823240?lo…

続きを読む